AriaLien

*HANAHA NOVEL&LIFE BLOG*

カテゴリ: ◆蒼い樹が薫る

私が住んでいるのは物凄い田舎だ。四方八方を山に囲まれていて、バスは二時間に1本あるかないか。幼稚園はなく、小学校と中学校、そして高校が其々1校ずつ。当然人口が少ないから学校ではみんなが顔見知り。──という感じの狭い環境で私は13年間生きて来た「えっ、いっちゃ ...

初恋を諦めてから私は恋とは無縁な日々を過ごす事になった。中学の時は友だちと其れなりに面白可笑しく過ごした。高校生になってからは友だちは大抵彼氏が出来て、女同士で遊ぶよりも彼氏を優先させる事が多くなった。こんな私なんかでも何度か告白をされた事があったけれど ...

(いっちゃんから連絡が──)あまりにも驚き過ぎて私は其の場で立ち尽くしてしまった。五年前、芸能人になるのだと町を出て行ったいっちゃんとは音信不通になってしまっていた。いっちゃんの家には一度だけ連絡があって、映画のオーデションには落ちたけれどとある芸能事務 ...

誰もいない自宅に戻り、逸る気持ちを押さえながら私は携帯を取り出して渡された紙に書かれていた番号にかけてみた。プルルルル プルルルル無機質な呼び出し音が数秒流れ、そしてカチッと音が変わった。「あっ!あのっ」『留守番電話サービスに接続します。ピーッという発信音 ...

いっちゃんから訊いた話はこうだった。五年前、映画の新人俳優発掘オーディションの最終選考に落ちたいっちゃんは、其処でスカウトされたある芸能事務所に所属する事になった。雑務をこなしながらいくつかのオーディションを受けたけれどどれもダメで、結局一年程で其の事務所 ...

「ひゃぁぁぁぁ~」バスと電車、そして新幹線を乗り継いでやって来た大都会。着いた早々、私の第一声は其れだった。降り立った駅構内は何かのお祭りがあるのだろうか?と思わせる様な人の多さだった。(噂には聞いていたけれど…これほどのものとは!)今まで育って来た場所 ...

このページのトップヘ