AriaLien

*HANAHA NOVEL&LIFE BLOG*

カテゴリ: ◆タタリ荘のモノノケ

今の私の不幸は全て、私自身が引き起こした事、なのだろうか──? 「な、ななななんで、おまえ…此処にっ」「…」「ねぇ、だぁれ?このダッサい女」「…」私はただ、サプライズしようと思っただけだった。練りに練ったサプライズを半年がかりで準備して、そして其れをお披 ...

「此処、お稲荷さんが祀られているんだ」石敷きの道を少し歩くと、両端にちいさな白い狐の石像が置かれていた。簡素な祠を護る様に佇む其の姿になんだかスッと心が洗われる様な気がして、私は思わず手を合わせてお参りした。すると鞄の中の携帯からメールを受信した音が聞こ ...

(全ては私が嘘をついていたから)茫然としていた頭の中にジワジワと湧いて出て来る様々な現実。私は先輩にフラれてしまった。今日から先輩と一緒に住めると思っていたのに。甘えん坊の私が自立して自活する事を喜んでくれた両親。今更帰る訳には行かない。同棲するから住む ...

ホテル代を節約するために野宿でもしようかと考えた。 (あ…でもまだこの時期の夜は寒いかな)春先の花冷えする事を考えると憂鬱になった。「う~ん……此処なら…もしかして」「!」うんうん考え込んでいる頭に店主の言葉がハッキリと聞こえた。「何処かありました?!」 ...

「えーっと…確かこの辺…」 私は不動産屋さんからもらったアパートの資料と携帯をにらめっこしながら夕暮れの街を歩いていた。不動産屋さんの店主が云った『ただね…』という言葉の後には『わし…あの場所に行くの、ちょっと遠慮したいので…お嬢さんひとりで行ってくれる ...

「はい、住みます──いえ、住まわせてください!」何とかそう伝える事が出来た。「不動産屋からちゃんと訊いたか?此処がどういう処か」「はい、築五十年で風呂トイレ、台所共同だと」「おまけに」「曰く付き」「其れだけ訊いても住むのか」「はい」「…あんた、正気か?」 ...

玄関を過ぎ、通された居間には大きな丸い卓袱台が置かれていた。(おぉ、実家の雰囲気に似ている)和室の雰囲気といい、間取りといい、実家と遜色ない内装が何故かホッとした気持ちにさせた。「其処、座って」「あ、はい」座布団が置かれた場所に座ると、大家さんがお茶を淹 ...

「どうだ」「解りました」「いいのか?」「はい」よく解らない、おかしなルールだなと思ったけれど、其れもやっぱり私にとっては特別不都合が生じる事ではなかったので直ぐに了承した。「日曜日だぞ?デートとかあったりしたら都合悪いんじゃないのか?」「…デート」大家さ ...

このページのトップヘ