AriaLien

*HANAHA NOVEL&LIFE BLOG*

カテゴリ: ◆SOULAGER

──私は今までに恋愛というものを真剣にしてこなかったのかも知れない「別れて欲しい」「…」「おまえってオレの事、本気で好きじゃないよな」「…」「そういうの、解るんだよ。付き合っていると」「…」「オレの方から付き合ってくれって云った手前…悪いとは思うけど」「 ...

「お待たせしました」 涼やかな声と共に私の目の前にミルクティーが置かれた。「…ありがとうございます」私がお礼を云うと店員はまたにこやかな笑みを浮かべ立ち去った。(先刻はちゃんと見なかったけど)周りの風景が私の目に映って来た。こじんまりとした店内。座席はカ ...

イケメン店長という言葉で少し邪な考えに逸れてしまったけれど、本題を思い出し折り返しメールを出す。 【其のSOULAGERって前に芳香が云っていたイメージカフェって処なの?】少しドキドキしながら返信を待った。すると【そうだよ。前に話していたよね、いつか行きたいねっ ...

望んでいないイメージに怒るお客をスマートにかわす店長に胸がドキドキして仕方がなかった。其れまでの流れから私はもう一度手元にあるカップを眺めた。(ピーターラビット…うさぎ)あの人は私をうさぎだとイメージした。(す…凄い!)其れはある意味彼に恋するきっかけと ...

 『店長さんを好きになったからです』気が付けば馬鹿正直にそう答えていた。「…」私の告白を訊いた店長は呆気に取られていたけれど、大した動揺を見せずに「此処じゃなんだから」と云って店内に入る様に促した。(流石…告白なんて慣れているって感じ)ある種、自分にも身 ...

この人にはもっと色んな表情があるのだろうと思った。そう思ったら其の全ての表情が見てみたいと思った。「あのさ、運命の人って、何を根拠に云っているのかな」「根拠って」「君と俺が知り逢ったのは今日が初めて。ほんの半日ほどの事で何をもって運命というのかな」「だっ ...

昔から男の子に不自由した事がなかった。 年頃になってからは『好きだ』と告白をされて付き合ってばかりいた。自分が誰かを好きになる前に好きになってくれた人がいたからわざわざ探す必要もなかった。例え直ぐにフラれても直ぐ次の人が来た。絶え間なく続くそんな関係に、 ...

──好きになった人は私と同じ境遇の人でした──(去る者は追わず来る者は拒まず体質!)自分と似通った恋愛観の持ち主だろう人を好きになってしまった。これが意味するものは何だろうと思った。「あの…」「まぁ…いいか」「え」「君、可愛いしね」「!」そう云うと店長は ...

このページのトップヘ