こんにちは、樹野です 

昨日一昨日と嵐のような暴風続きの悪天候でしたが、今日も朝は少し風が強いです。

これが春の嵐なのか?!

よく解んないけれど

今日からまたしばらく引きこもりの日々が戻って来るので風が強くても雨が降っても関係なんですけれどね(私的には)

昨日高校を卒業した息子はやっぱり今日も寝坊しています(10時時点)

そんな息子に昨日起こった出来事を書きたいと思います。


卒業式を終えた息子は友だちとマクドナルドで昼食を食べていた処、其処の店長さんに「此処でバイトしない?」とスカウトされたそうです。

どうやら息子たちが持っているもの(花束とか)や様子から卒業生だと思って声を掛けたらしい。

お店で息子と店長がどのようなやりとりがあったのかは知りませんが(現場にいなかったからね)15時少し前に家に帰って来た息子がいきなり

「俺、マックでバイトする」

と云うから驚きました。

あんなに飲食店でバイトするのが厭だって云っていたのにどうしたのと訊くと

「いや、なんかスカウトされたし今から自分で見つけて電話して面接とか受けるの面倒くさいから」

なんて理由でバイトすると決めた息子。

そしてふたつの書類を差し出し「これの保護者名の処署名しておいて」と云うのです。

IMG_0825

住民票記載事項証明書と

IMG_0829

パートタイマー雇用契約書。

「えっ!もう其処まで話が進んでいるの?!」とビックリする私。

Σ(・ω・ノ)ノ!

なんだかやたらと話が進んでいて少し戸惑いました。

とりあえずこういう書類に記入するのは夫の役目なので「お父さんに云っておくよ」と一旦保留にした私。

其の時夫は自室で寝ていて、リビングに降りて来たのは息子が焼き肉を食べに出かけた後でした。

息子から訊いた話をしながら書類を渡すと夫が

「これ滅茶苦茶じゃない」

と。

私は書類をよく観ていなかったのですが、雇用契約書の細かい処を見ると、初めから一年契約の雇用になっていて、おまけに試用期間が無し。
週四日勤務。
水金は三時間。
土日は四時間。

これに夫が、学校のない今の時期なら問題ないけれど専門学校に行き始めてからこの勤務は無理だろうと。

よくよく考えればそうですよね。

専門学校は名古屋にあって、専門学校の授業が終わって地元に帰って来るまで電車で一時間はかかる。

其れからバイトするとなると相当キツいだろう。

しかもバイトするお店は、数日前私がチキンタツタを購入した店舗で駅からも家からも結構な距離があります。

車だったら問題ないけれど自転車で駅→自宅→お店、もしくは駅→お店→自宅を経由するのは大変。

ちなみに駅からお店までは約5㎞。

駅から自宅までは約2㎞。

自宅からお店までは約5㎞──という距離間になっています。

休み中の一ヶ月間だけやるなら何の問題もありませんが、既に一年契約で申し込まれているのです。

専門学校に慣れていない時期にこのシフトはどうなの?と淡々と指摘する夫。

確かにそうだね、と私は妙に納得。

どうしてもこのお店でバイトしたいなら土日限定か休みの間の一ヶ月間だけ。

単にマックでバイトしたいっていうなら駅前か名古屋のマックでバイトしろと云っておいてと帰りの遅い息子宛てに伝言されました。

基本息子と夫が顔を合わせる時間がかみ合わないので私が間に入ってやり取りする事になります。

明日(今日)から朝勤の夫は早くに寝てしまったので、私が息子の帰りを待って帰宅した息子に夫からの伝言を伝えると意外な事に

「よかったー俺、本当はマックのバイト気が進まなかったんだよね」

なんて云った。

(゚∇゚ ;)エッ!?

どうやら店長の話術と勢いと場の雰囲気で押された形で受けた事だったけれど、時間が経って色々考えると自分はやっぱり飲食店は向いていないと思ったらしい。

そんな気持ちでいた処で訊いた夫の正論の後押しがあってマックでバイトするのを止めた息子。

親が反対したので出来ませんと電話をかけると云っていました。

(´・ω・`)

バイトする意欲があるのはいい事なんですが、どうにも息子は働くという事に楽観的な処があるというか、やる前から考え過ぎて厭になってしまう処があるというか、相反する気持ちが混合して浮ついている子どもなのだと思いました。

こんなんで大丈夫なのかな…と心配になりますが、私があれこれ云った処で解ったり治したり出来るものでもないですからね。

自分で行動を起こして経験して成功なり失敗なりを積み重ねて学ばなければいけません。

──と、元フリーターの私からの意見でした


■□■□■□■□■□■□■□

★ランキングサイトに参加しています。
其々1ポチずついただけるとブログ継続の励みになります。

恋愛ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村