私の父が夢見て目指していた本当のアイドルとは──女性アイドルだった。

そう

私の父はお姫様願望を持った隠れゲイ、だった。


幼い頃からテレビ画面の中でフリッフリの可愛い衣装を着て歌い踊る女性アイドルに憧れ、なりたい!と思っていた父は其の近道として普通の男性アイドルとして芸能界にデビューする事に成功した。

しかし芸能界という処はそんなに甘い世界ではなく、自分が望む行動が出来ないままデビューから四年。

とうとう我慢の限界が来た父は自分がゲイで本当は女性アイドルの様な格好や歌を歌いたいのだとカミングアウトしてしまった。

勿論当時の芸能界ではそんな父は異端児扱いされ、結果あっという間に芸能界から姿を消す事となった。

父の夢はあっけなく破れ、自暴自棄になり荒れた生活を送っていた父を救ってくれたのが幼馴染みの女性だった。

其の女性は父の夢、性癖、全ての事情を知っていて、其れを陰ながら応援してくれていた唯一の味方だった。

そんな彼女の励ましもあり父は徐々に立ち直り、新たな夢に向かって再出発する事が出来た。

其の新たな夢とは、自分自身が芸能事務所を起ち上げ、自分好みのアイドルを作り芸能界を席捲する事だった。

昔の芸能界では到底受け入られれなかった異色のアイドルを時期を見計らって売り出す事を夢見る傍らで、喫茶店を経営しながら資金を貯め、理想の人材を探しつつ日々を送って来た。


そんな父の野望ともいえる夢が今、叶う処まであと一歩という処まで来ていた。

今の芸能界ならきっと受け入れられ、成功するだろうと踏んだ父は、三人組のユニットアイドルを育成し始めた。

そして芸能活動をするにあたって事務所兼寮として改築した我が家にアイドル候補生の三人が居候する事になった──という事だった。

ちなみに三人の内既に同居している二人は父の御眼鏡に適った父と同類の人たち、だった。


そして最後のひとりが今日、我が家にやって来た訳だけれど…


(お父さん、何処で見つけて来たんだろう)

黙々と荷物を自室に運ぶ彼を横目で見つつ、何度かため息をつく。

(本当勿体ない…まさに理想の王子様が現れた!と思ったんだけどなぁ)

父が見つけて来たという事は当然彼もゲイだという事で恋愛対象は男性に限っているという事なのだ。


(あ゛~本当私って不幸!)


昔から父絡みで常に男性に囲まれた環境にいた。

私の周りには様々なタイプの男性が傍にいて、彼らは私を自分の娘如く可愛がってくれた。

そんなこんなである程度男性に対して目が肥えてしまった私は、知り合う男性に対して厳しい目で見てしまう様になってしまった。

お蔭様で私は幸せになるための恋愛というのにとんと縁がない身の上になってしまっていたのだった。


(折角理想の人が!って思ったのに…)


最初から失恋決定の一目惚れ程虚しいものはないなと自嘲したのだった。

王子様の作り方
★ランキングサイトに参加しています。
其々1ポチずついただけると執筆の糧になります。

恋愛ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村