こんにちは、樹野です 

此処数日、本当に冬らしい寒さになりましたね。

とうとう私、長袖のルームウェアを着てしまいました

エアコンが付いている部屋でも少し温度を下げて、長袖でちょこまか動いても暑くない仕様にして長袖にチェンジしました。

今冬は寒くなるそうですね。

まぁ、寒いならガンッと寒くなった方が着るものに困らないと思う私です。

中途半端に寒いと厚手の上着を着ていいのかどうかというしょうもない事で悩むから(笑)

あぁ…冬も本番です


さて。

昨日、学校から帰って来た息子と久し振りに他愛のない話で盛り上がったので書いておこうと思いました。

細かい処は割愛していますが、大体こんな感じの事を話していました。


「おかあは人生やり直したいと思わん?俺、3歳ぐらいからやり直したいわ」
「いや、酷い人生だったけどお父さんと結婚出来たから今はやり直したくない」
「あぁー其れな。おとうってかなり変な人だよな」
「変だよ。だってこんな何にもしない私を文句ひとつ云わずに養ってくれているんだから。普通の男なら離婚するレベルの酷さだよ」
「本当凄いよ、他人に優しくて自分に厳しいって──あれ、自分にも優しいのか?」
「優しいよねぇ。ギャンブルしないし暴れないし家事やってくれるし余裕がある時は欲しいもの買ってくれるし」
「優しいよな…あんな出来たおとうの息子が俺みたいなカスで申し訳ない」
「いや、カスじゃないでしょう。何よ突然のネガティブ発言」
「なんか大人になるにつれておとうの偉大さが解って来てさぁ」
「…ふぅん」


──と、息子がやたら夫をリスペクトする発言をしていたのでとても驚きました。

普段は生活リズムの違いから顔を合わせて喋ったりする事の無い夫と息子ですが、たまに顔を合わせても夫を避けて部屋に閉じこもったりしてしまう息子が夫の事をそう思っていたのかと知るいい機会になりました。

勿論一緒に食事する時は其れなりに会話して、趣味に関する共通の話では私には解らない処で盛り上がったりしていますが。

素っ気なく避けるのは単なる照れ隠しだったのかな

もうあと二週間弱で18歳になる息子ですが、17歳の男子高校生が父親の事をそう思っていて、其れを母親に素直に云うという事が私的には嬉しかったです。

息子は自分が何も出来ない無能なダメ人間──と思っている処があって(本心から思っているかどうかは解らないけれど)気が付けば

「あの時もっとこうしていればよかった」

という様な言葉を云ったりします。

でもそんなのはみんな云う言葉だと思います。

勿論私だってしょっちゅう云っています。

でもそう思っている事を素直に口に出して、時には感情的になったりして怒ったり、時にはこうやって親を思いやるような事を云ったりしたり…

そういう事が出来ている息子は私にとって全然ダメじゃないし、カスだなんて思ってもいません。

多分子育てに卒業ってないのかも知れませんが(精神的な意味で)果たして自分が施して来た子育てが正しかったのかどうか──其れはまだまだこれからの息子を見続けて行かなければ解りませんね。

(^ω^)


さてさて。

昨日休みだった夫との恒例の買い出し

そしていつものコンビニへの寄り道。



image

のもちとろシリーズの新発売を購入しました。

ミルクティーです。

アールグレイ仕立てのミルクティーホイップが収まったもちとろに期待しつつ実食


──したのですが…


すみません、私的には余り……な感じでした

(;´д`)

ミルクティー好きなんですが。

アールグレイ好きなんですが。

でも其れがホイップになってしまうのはちょっと……

もちとろ食感は健在でしたが、このホイップクリームの味がやや強烈でなんだか思う存分もちとろ感が味わえなかった感じがします

(洋が強かった感じ?)

勿論、あくまでも私の偏見的な感想です。

個人の好き嫌いがありますので、美味しいと思われる方だっていらっしゃいますから(いや、大半の方がそう思うだろう)


まぁ、たまにはこんな感じの時だってありますよね。

例えいまいちだったとしてもやっぱりもちとろ感が味わえたので幸せな気分に浸れましたよ。

(●´ω`●)


■□■□■□■□■□■□■□


★ランキングサイトに参加しています。
其々1ポチずついただけるとブログ継続の励みになります。

恋愛ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村