「何、其の目の下のクマ」
「…」

翌日、昇降口で会った泉水に開口一番にそう云われた。

「寝不足?まぁ、そうでしょうね。寝られる訳がないか」
「…なんだよ、其の云い方」
「あんた、ちぃを誘ったんだって?しかもプラネタリウムって」
「! なんで泉水が知っているんだよ」
「昨日結構遅い時間にちぃから【武流くんとプラネタリウム行く約束したの】なーんてメールが届いたのよ」

(しまった!ちぃに口止めするの忘れていた)

「何抜け駆けしてんのよ。しかもプラネタリウムなんて暗くなる処にちぃを連れ込んで何する気?」
「なっ」
「大方ナニしようって厭らしい事考えていて眠れなかったって事でしょう?目の下のクマは其れを物語る動かぬ証拠」
「~~~」

(違う…!違う…けど…遠回しに考えると…当たっている…かも)

「何よ、いきなり。なんでそんな行動的になったの?」
「…」
「まぁ…解らなくもないけどね。小ノ澤を見て焦る気持ちになるのも」
「…そういえば昨日、どうだった」
「何が」
「ちぃと会って来たんだろう?小ノ澤って1年に」
「会ったわよ」
「で?」
「…」
「泉水が黙るって事は…やっぱりそういう男なんだろうな」
「…少なくても今までの男よりはマシかなって程度だけど──でも」
「 でも、何」
「なんだか気になる」
「…」
「癪だけど今宮の云った言葉の意味が何となく解った様な気がする」
「…」


『ただ…今までと少し違うタイプなのかも』

『よく解らないけど…よくない予感がする』


「よくない予感、するわ」
「だろう?」

泉水にも解る程の小ノ澤のただならぬ雰囲気。

ただ背が高く、威圧感のある風貌だけで感じるものではなく、もっと内面的な事でとても厭な予感がつきまとう男だった。

「そういえばちぃは?一緒じゃなかったのか」
「あぁ…今日は随分早く来ていると思う」
「どういう意味」
「武道館に行っている。柔道部の朝練見るんだって結構早い時間にメールがあった」
「…」
「今宮、眉間に皺、寄っている」
「なんだよ、ちゃんとちぃを見張っとけよ。おまえも一緒にくっついて行くべきだ」
「はぁ?なんでそんな事にいちいち付き合わなくちゃいけないのよ。わたしはちぃの恋路の邪魔はしたくない」
「邪魔って…邪魔しろとは云っていない。ただ傍に──」
「わたしが傍にいるだけで今までどれだけちぃの恋をダメにして来たかあんただって知っているでしょう」
「…」
「前にも云ったけど、わたしはちぃの哀しむ姿は見たくないし、ちぃが頑張っている事をなかった事にはしたくない」
「…」
「其れは今宮だって同じでしょう?前にも云っていたし──」
「…男と女じゃ違う」
「え」

泉水は其の美しい顔を少し歪ませ僕を凝視した。

「泉水は女だから、同性だから一歩引いた感情で見ていられるかも知れないけれど、僕は…男の僕はそんな風に構えていられるほど優しくない」
「…」
「確かにちぃの幸せが一番大事だ。だけど…僕は僕が一番ちぃを幸せに出来るって自負があるから、絶対に諦めたくないんだ」
「…」
「僕には、僕とちぃには今まで築いて来た長い繋がりの時間がある。其れは絶対武器になると思う」
「…」
「だから僕は諦めない──絶対にちぃを僕のものにする」
「…」

ちとせが想いを寄せる小ノ澤という男を見てから、僕は今までの様に安穏とした保守的な立場でいる事に危機感を感じるようになった。

得体の知れない不安感は今までの様に呑気にちとせの恋の行方を静観する事を出来なくしていた。

「泉水は今まで通り傍観者でいればいいよ」
「…其処までの覚悟があるって事だね」
「え」
「今宮がちぃをものにするために動く事をわたしは止める事も、権利もないけれど…あんたが行動を起こす事で今までの関係が変わる可能性って大きいのよ」
「…だろうね」
「そうなってしまってもいいっていう覚悟があるから──動くんだよね」
「…あぁ」
「そう」

同じ速度で教室までの廊下を歩いていた泉水は少しだけ歩幅を大きく開け、僕よりも先に行き出した。

僕は特に其の後を追いかける事無くぼんやりと泉水の後姿を見ていると、急に泉水が振り返り、数歩戻って僕の間近に顔を寄せ囁く様に云った。

「?」
「ただしちぃに酷い事だけはするなよ」
「…」
「もし酷い事をして泣かせるような事があったら──てめぇの○ニス握り潰してやる」
「!」

(な、何云ってんだよ!こいつはぁぁぁ~~)

不覚にも泉水の其の形のいい口から卑猥な言葉が吐き出された事にドキッとした。

勿論其の胸の動悸は恋愛絡みの甘いものではなく、恐ろしさと恥ずかしさからのものだった。


共にちとせに恋をして共に争って来た泉水。

ちとせに心配をかけない様にちとせの前では少し仲の悪い友人を演じて来たけれど、其の本当の関係は友人ではなく恋敵という意識の元に築いて来た偽りのものだった。

でも僕は泉水の事が嫌いではなかった。

同じ女の子を好きになるという時点で多分趣味は合うだろうし、育って来た環境も何となくだけれど似ている様な気がした。

お互い欠けている処が同じで、其処を埋めてくれる存在というのがお互いちとせだったという事だ。

女としてどうこう思ったりはしないけれど…

(なんかやっぱり泉水は女とか友だちとか恋敵とか…そういう言葉よりももっと)

これまで何度も泉水という存在が僕にとっては何なのだろう──と考えて来たけれど其の答えは見つからなかった。

だけど、此処数日の事を経てやっと其の関係を表すに相応しい言葉に出会えたと思う。

其れは【どうし】

きっと僕と泉水は、ちとせの事を好きな者同士で、ちとせの幸せをただ望む同志──なんだろうな。

secretcrush
★ランキングサイトに参加しています。
其々1ポチずついただけると執筆の糧になります。

恋愛ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村