「ちとせちゃん、晩ご飯食べて行きなさいよ」
「わぁ、おばあちゃんありがとう!…でもね、今日はお母さん、早く帰って来るって云っていたから一緒にご飯食べる約束しているの」
「そうかい、其れはよかったねぇ」
「うん、すっごく久しぶりだからご馳走メニューなんだよ」
「おばさん、元気なの?」

祖母とちとせの話につい割って入ってしまった。

「うん、元気だよ。これから繁忙期だからまた大変になるんだけど」
「そっか」
「静江ちゃん、人気のバスガイドさんだもんねぇ、そりゃ引く手あまただよ」

祖母の云う『静江ちゃん』というのはちとせの母親の事で、僕の母とは同級生で幼馴染みという関係だと知ったのは保育園の卒園式の日だった。

其の日、海外から帰国していた母がちとせの母とも再会し、昔話に花が咲いていたのを覚えている。

僕やちとせの住むこの町は周りを山に囲まれた山間部にある小さな町だった。

主に観光業で成り立っている町で、春には桜、秋には紅葉の観光名所があるお蔭で其の時期は繁忙期となり、バスガイドであるちとせの母親も忙しくなるという訳だった。

「ちとせちゃん、これ持って行きなさい」
「え、いいの?」
「えぇえぇ、ちとせちゃん婆の作った肉じゃが好きだって云ってたろ?静江ちゃんと食べなさい」
「ありがとう!おばあちゃん大好きっ」

祖母にガバッと抱き付いたちとせを見て、ちょっと祖母が羨ましいなと思ってしまった。

「武流、ちとせちゃんを家まで送って行きなさい」
「勿論──行こう、ちぃ」
「あ、大丈夫だよ。近所なんだから」
「いくら近所でももう暗いんだから。女の子がひとりで歩いてちゃダメだよ」
「…うん、ありがとう、武流くん」

少しはにかんだちとせの顔が可愛い過ぎて今すぐにでも抱きしめたい衝動に駆られた。

(…って、ちとせのこれは僕に対しては何の意味もないんだから)

少し冷静になって頭を冷やした。

「行こう、ちぃ」
「うん、おばあちゃんおやすみなさい」
「はいはい、おやすみね」

ちとせは僕の祖母の事が大好きだ。

祖母もちとせをもうひとりの孫のように可愛がっている処があった。

ちとせの家は母子家庭で、仕事で忙しいおばさんの代わりに祖母が僕と一緒にちとせの事も可愛がって来たので其処には濃い繋がりがあった。



「武流、ちとせちゃん彼女になってくれたかい?」
「ブッ」

ちとせを家から徒歩3分の自宅まで送って行き、帰って祖母と夕飯を食べているといきなり云われた。

「味噌汁こぼしたよ。だらしがないね」
「ば、ばあちゃんが変な事を云うから…!何、突然」
「…其の顏はまだだね。はぁ、なんだい意気地なしだね」
「ばあちゃん!」
「見てくれはいいのに存外役に立たないもんだね、ここぞという行動力のなさ、一体誰に似たんだい」
「…少なくとも母さんじゃないね」
「そうだね、父方の遺伝子だ、其のヘタレな性格は」
「~~~」

祖母はちいさな時から僕とちとせを見守って世話をして来た勘で、ちとせの事が好きだという僕の気持ちを随分早い段階で気付いていた。

祖母はお気に入りのちとせが孫の僕とくっつく事を望んでいるようで、事ある毎に僕にあれこれ訊いて来るのだった。

「武流がハッキリと態度に出せばちとせちゃんも考えてくれると思うんだけどねぇ」
「…無駄だよ。僕はちぃのタイプじゃないんだから」
「あれ、なんだ、まだ好きなタイプはお父さんって云っているのかい?」
「あぁ。今日もまた好きな奴が出来たとかって浮かれていた」
「あれまぁ…其れは中々厄介な状態だねぇ」
「……なんで僕、食べても太らないんだろう」
「遺伝だよ。昔から今宮家に肥満はいないからね」
「~~いっそ呪いたいよ、この体質を!」
「別に太ったからってちとせちゃんの好みじゃないだろう?ちとせちゃんのお父さんはこう…たくましいって感じだったからね」
「…」

ちとせの父親は僕がちとせと出逢う一年前、ちとせが4歳の時に仕事中の事故で亡くなっていた。

林業従事者で力仕事をこなすだけあって其れは体の大きな筋肉隆々な男らしい人だったと祖母やちとせの母親から訊かされた事があった。

ちとせはそんな父親の事が大好きだったらしい。

ちとせから見せられたアルバムには熊の様にガタイのいい父親に担がれて大きな口を開けた笑顔のちとせの写真が溢れていた。

大好きだった父親の突然の死で、ちとせはしばらく笑う事が出来なくなったそうだ。

其れは泉水から訊いた話だった。

悔しい事に僕よりも泉水の方が先にちとせと出逢っている分、ちとせに関しては少し分が悪い処がある様な気がする。

──ちぃはお父さんみたいな体の大きな包容力のある人が好みのタイプなんだって

泉水から訊かされた其の言葉を裏付ける様に、ちとせが好きになる男のタイプはそういった類の男ばかりだった。

つまり僕とは正反対の、男らしい男。

「…はぁ」

ため息しか出てこない。

僕がどんなにちとせの理想に近づこうと努力しても、其れは全く実る事がなかった。

昔から今も、ちとせにとっての僕という存在は、王子様みたいに優しい幼馴染み──という枠からはみ出す事はないのだ。

(好きなのに…)

僕がこんなに好きなのに…

ちとせが好きになった男なんかよりも一番にちとせを愛し、幸せにする事が出来るのは僕しかいないのに…


──どうして好きになってくれないんだろう


一種の癖の様に先刻ちとせから撫でられた頭が少し熱を持ち僕に甘い疼きをもたらす。

いっそ他の女の子を好きになれればいいのに其れも出来そうにない感じだ。

(あぁ…不毛だ)

最後に心に溜まる気持ちはいつも其ればかりだった。

secretcrush
★ランキングサイトに参加しています。
其々1ポチずついただけると執筆の糧になります。

恋愛ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村