『はぁ?!おい、てめぇ…なんて云いやがった?!』

「ちょ…社長…声大きいです」

『大きくもなるだろうが!おい、もういっぺん云ってみやがれ』

「だから…私、結婚します」

『誰と』

「久遠寺智里さんと」

『はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ?!!』
 

其れから社長は何を云っているのか全然解らなかったのでとりあえず通話を切ってメールで事の次第を報告した。


「随分大変だったようだね」
「あ、はい。でもなんとか大まかな事情は解ってくれたみたいです」
「そう。一度事務所に挨拶に行った方がいいね」
「いえ、久遠寺さんがわざわざ出向くほどの事では──」
「こら、また間違えている」
「あっ、ごめんなさい…でもそんなにすぐには慣れなくて…」
「…じゃあこうしようか」
「?」
「苗字で呼ぶ毎にキス一回」
「えっ」
「ん?これってお仕置きじゃなくてご褒美になるのかな」
「そ…そそそ…其れは…」
「早く慣れなさい、梨々香」
「っ!」

(ひゃぁぁぁぁー久遠寺さんは名前呼び、とっとと慣れている!)

カァと熱を持った顔を抑えながらつい数時間前の事を反芻する。



『…どうにかなってしまいそうついでに…もっとどうにかなってみない?』

其の言葉に続く告白に私は衝撃のあまり固まってしまった。

『結婚しよう』
『……え』
『俺は君を手放したくない。此処で夫婦として一緒に暮らそう』
『え……』
『愛しているんだ。君を…ネット越しに恋して来た君をいざ目の前にしたら俺は…理性や常識なんて概念が吹き飛ぶくらいに欲しくて堪らなくなった』
『く…く、久遠寺…さん』
『君はどう?俺の事、結婚する程に愛していない?』
『そ、そんな事…私だって──』
『結婚したい?』
『した……した…』
『…』
『結婚…し…た……し、した…』
『…やっぱり…引きこもりの根暗草食系アラサーおじさんとは結婚出来ないか』
『っ! した…ぃ、したい…です!』
『本当?』
『ほ、本当です』
『…厭々じゃない?』
『じゃない、です。ただ…少しだけ展開の早さに戸惑っただけで…』
『じゃあいいんだね?俺のお嫁さんになってくれるんだね!』
『はい!』
『よしっ!』
『…』

(…あれ?)

久遠寺智里って…こんな性格だったっけ…??

(目の前のこの人は久遠寺智里で間違いないのに…)

なんだか実際に接してみると、想像していた部分もありつつ、知らない面も沢山あるのだという事に戸惑いながらも知る事が出来た喜びに嬉しがっている私がいた。



そして現在。


「──とりあえず事務所への報告という結婚に向けての第一段階は済んだね」
「はい…」
「じゃあもうしばらくは此処にいられるね」
「…はい」
「じゃあそろそろ…いいかな」
「…?」

其の時、私を見つめる久遠寺さんに艶っぽいものを感じた。

「梨々香…君が欲しい」
「!!」
「君の全てを…俺のものに」
「あ…あ、あ…あの…」
「…ダメ?」
「!」

(な、なんでそんな寂しそうな目をするの?!)

結婚を決めた相手から求められている。

其の事は解っているし、嬉しい事ではあるけれど…

(でも…ちょっと待って…!)

結婚を決めた事も急で、しかも実質交際期間は0日。

(何処かの構成作家と女芸人夫婦みたいな展開になっている!)

そんな怒涛の勢いの展開に、私は驚き戸惑うばかりだった。

00000a41
★ランキングサイトに参加しています。
其々1ポチずついただけると執筆の糧になります。

恋愛ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村