中学3年の秋から付き合い出した私と朔の交際も気が付けば半年が過ぎていた。

陽生ちゃんを始め、私も朔も無事受験を乗り切ってこの春には晴れて高校生になる事が決まっていた。


「…寂しくなるなぁ」

私がボソッと呟いた言葉に、前に座っているふたりが神妙な顔をした。

卒業式を数日後に控えていた私たちは中学生でいられる最後の休日をファミレスで過ごしていた。

「なんで黙っていたの?陽生ちゃん」
「んーどうしてかと訊かれると…紅実に寂しいと思われる期間を少しでも短くしようと思って…かな」
「なんだよ、其れ。結果として寂しさの度合いはより深くなったんじゃねぇの」
「そうだよ、すっごく寂しいよ」
「ははっ…困ったなぁ」

私と朔の言葉を相変わらず飄々とかわす陽生ちゃんは高校進学と共に自宅を出て寮生活に入るのだと知ったのはつい数日前だった。

陽生ちゃんは私たちに云っていた地元の進学校じゃなく、他県の超有名私立高校を受験していたのだ。

其の高校は大学までエスカレーターだという事で陽生ちゃんなりにメリットを見出して決めた事だった。

「でも本当凄い。陽生ちゃん、塾にだって行っていなかったのに…なんでそんなに頭がいいの?」
「さぁ…どうしてかな。僕はただ興味のある事について知ろうと思っている気持ちだけで勉強しているんだけどね」
「陽生の場合、正真正銘の天才ってやつだ」
「う゛ぅ~其の頭の良さの何割かが欲しいぃ~」
「うーん…あげられるものならあげたいな。紅実の頭がよくなれば一緒の大学に行けるかも知れないしね」
「はぁ…やっと高校受験が終わったばかりなのに大学の話はしないで~」
「だな」

今日はささやかな陽生ちゃんの壮行会みたいな集まりだった。

陽生ちゃんは卒業式の翌日には家を出てしまうからもうこうやって長々とお喋り出来る機会はないのだ。


「きっと卒業式はすっごい事になりそうだね」
 「ん?どうして」
「だってきっと女子が陽生ちゃんの制服のボタン欲しさに群がると思うもん」
「制服のボタン?そんなの欲しいの?」
「欲しいんだって!女子にとっては卒業式にもらいたい記念品の永遠の第一位!」
「へぇ…そっか。でもボタン、5個しかないから5人にしかあげられないな」
「もぉー違うよ、みんなは第二ボタンが欲しいの」
「え、第二ボタン限定で欲しいの?」
「そうそう」

こういう俗っぽい事には疎い陽生ちゃんに卒業式・第二ボタンのキーワードで蘊蓄(ウンチク)を垂れた私だった。

「へぇ、そうなんだね。だったら朔も大変なんじゃない?」
「は?なんで俺」
「だって朔だってモテているじゃない」
「…え」

陽生ちゃんの言葉にドキッとした。

「ほら、何度もラブレター貰っていたじゃない。ちゃんと返事、したの?」
「ちょ…陽生、こんなとことで話す事じゃないだろう」

「…」

(ラブレター…モテる…)

朔がそういう対象になっている事なんて全然知らなかったから今訊いてちょっと驚いている。

(確かに…朔は背が高いし顔も陽生ちゃんの次にカッコいいし…スポーツも出来るし…)

女子受けする要素は満点の朔だったけれど、面と向かって朔がモテている処を私は見た事がなかった。

だから全然知らなかったのだ。

「もしかして紅実は知らなかったの?興味のない事にはとことん興味なさそうだよね、紅実は」
「…はは、うん…そう」

陽生ちゃんの言葉がスルッと頭の中を通り抜けていく。

チラッと見た朔の顔は少し曇っているように見えた。

ままごとマリッジ
★ランキングサイトに参加しています。
其々1ポチずついただけると執筆の糧になります。

恋愛ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村