AriaLien

*HANAHA Novel & Life BLOG*

2018年04月

こんにちは、樹野です 今日は昨日の昭和の日の振り替え休日なんですね息子の通う専門学校も一応祝日は休みですが、明日明後日は平日なので学校があります。しかし息子の友だちが通っている別の専門学校は今日から5月6日まで連休だそうで。専門学校なのにそういうのありなん ...

やがて車が停まり、促されるように降りた其処には見た事もないお屋敷がそびえ建っていた。「…此処…は」「僕の家です」「?!」確かに家に行くとは云っていたけれど…(まさかこんな鹿鳴館みたいな建物とは思わなかったよ!)そう、其の建物は教科書に載っているような昔の ...

イグナーツの追及にどうしたらいいのか困っていると 「アメリア!」「!」暗闇から聞こえた声にドキッとする。イグナーツも其の声に気が付き、迫っていた私から少し距離を取った。「アメリア──と…イグナーツ?」「…フェルディナント」姿を現したのはフェルだった。其れ ...

こんにちは、樹野です 早い処だと今日からGWだというお勤めもあるそうで。最大九連休そんなに休むと連休明け初日が辛そうだなぁと思ってしまう私です。(;^ω^)私は専業主婦なのでGWは関係ないのですが、夫にはGWがあります。夫の会社はほぼカレンダー通りの5月3日~6日まで ...

「ふぅ」一日振りに帰って来た部屋の換気をするために窓を開けた。フワッとなだれ込んで来た風が私の頬を一撫でした。昨日、この家を出た時は考えもしなかった時間を過ごし、ほんの少し心が高揚していた。(私、悠真くんの家に泊まったんだよね)今までも付き合っていた彼氏 ...

気が付けば朝だった。「…」(俺…寝ていたのか?)しかも朝まで熟睡コースなんて何年振りだ。いつもは浅い眠りの繰り返しで、起床時間までに何度も目を覚ましていた。しかも馴染みのない他人が隣にいて熟睡するなんて事、初めてで──「あ、おはよう」「!」開かれた部屋の ...

結局其の夜は艶っぽい事など何ひとつない中、ひとつのベッドに寝転がりながら他愛のない話をしている内に眠ってしまった。深い眠りに落ちる瞬間に聞こえた『変な女』という言葉は夢か現か。ただ彼の声で何か言葉が発せられたという事は解ったのだった。 「…変な女」隣でち ...

こんにちは、樹野です 昨夜は予報通り大雨になった愛知 風がなかったので暴風雨にはならずよかったなと思いました。自宅近くに(といっても車で30分程かかる)ダムがあるのですが、其処からのサイレンが遠く聞こえていて、其れを聞く度に「増水しているのかな」と心配にな ...

 「前に悠真くん云ったじゃない『やっぱりそういう事は双方の同意がないとね』って」「よく覚えているね」「忘れないよ、悠真くんが云った事だよ」「…」「私はね、まだ悠真くんとしたいと思っていないの」「…」「そして、もしかしてだけど…悠真くんも私とどうしてもした ...

こんにちは、樹野です 今日は朝からお天気が悪く、雨がポツポツ降ったりしています。予報ではこれから夕方にかけて本降りになり、夜中には大雨になるとの事。丁度息子が帰ってくる頃、ザカザカ降りそうな予感家から駅までは自転車で行っているので雨だと大変。ずぶ濡れて帰 ...

「よっしゃーまた勝ったぁ!」「~~~っ」「悠真くん、弱いね。あっという間に私の6連勝だよ」「もう一回、今度は俺が黒で」「いいけど…白とか黒とか関係ないよ?」「解っているよ」(ふふっ)初めはやる気のなかった彼が私が勝ち進むにつれて段々ムキになって来ていた。( ...

こんにちは、樹野です 昨日に引き続き暑い朝だった今日。昨夜は寝室が余りにも暑かったので、二時間だけ冷房をつけて寝たのですが、二時間後、タイマーが切れた頃暑さで目が覚め、結局引き続き冷房をつけたというほどの寝苦しさ まだ四月なのに暑さで目を覚ますって。しかも ...

年上の女が嫌いだった。幼い時からされ続けた酷い仕打ちは大概年上の女からだったから。ずる賢くて狡猾で醜い。感情に流されて其の都度態度を変えて当たり散らす。抵抗出来ない弱者に対して尊大になる女が反吐が出る程に嫌いだ。俺の知っている年上の女というのはそういう女 ...

こんにちは、樹野です いやぁー昨日は暑かったですね夫が休みだったので午前中、家族総出で買い出しの為外出したのですが、まるで初夏のような陽気に眩暈がしました(笑)半袖を着るかどうか迷いましたが、お店の中が寒いかな?と警戒し七分袖の上着を着て行きましたが、半 ...

こんにちは、樹野です 早いものでもう週末ですね。引きこもりの私ですが、なんとなく金曜日は好きです。昔は花金といいましたが、今ではもう死語なんでしょうか。(;^ω^)特に何があるという訳ではありませんが、土日前は少しだけテンションが上がります(笑)さて。本日の漫 ...

「え、学食に行く?」「うん…だから今日は冴ちゃんと一緒にお弁当食べられないの」「…」お昼休み開始のチャイムが鳴り終わる前に私は冴ちゃんの席まで行き、昼の予定を告げた。「ちぃ、お弁当忘れたの?」「えっ!…ううん…お弁当はあるの」冴ちゃんの席に近い武流くんが ...

こんにちは、樹野です 数日間悩まされた首の痛みはすっかり良くなり、自由に動けることの幸せさを改めて実感している私です。(^ω^)しかし本当歳を取るとあちこちガタが来て体に感じる痛みが増します。まぁ慢性的な運動不足な訳ですからそうなる頻度、速度も速いんでしょ ...

朝の予鈴が鳴るまであと10分。朝練をしていた各部活の部員がゾロゾロと武道館から出て来た。(わっ、体から湯気が出てる)部室に向かう何人かはまだ寒い外気に晒された体からほんのりと白いものが漂っていた。朝練だというのに物凄い練習が繰り広げられていた。私はこっそり ...

【AriaLien】に来てくださる皆さん、いつもありがとうございます 先ずは、昨日記事に書いた首の痛みですが、今日現在は随分よくなりました。昨日の午後から徐々に痛みが治まって来て、変に首を捻らない限り痛みは無くなりました。何だろう、やっぱりただの寝違えだったのか ...

「何、其の目の下のクマ」「…」翌日、昇降口で会った泉水に開口一番にそう云われた。「寝不足?まぁ、そうでしょうね。寝られる訳がないか」「…なんだよ、其の云い方」「あんた、ちぃを誘ったんだって?しかもプラネタリウムって」「! なんで泉水が知っているんだよ」「 ...

このページのトップヘ