AriaLien

*HANAHA NOVEL&LIFE BLOG*

2017年10月

気が付けば其の日も終業時間になっていた。「お先に失礼します」「お疲れ様でした」いつもの通り素っ気なく帰る挨拶を恭輔にして私はフロアを後にした。(今日は…カラオケルームか)毎日場所を変えて恭輔と落ち合っていた。そういうゲームみたいな待ち合わせも愉しくて私の ...

こんにちは、樹野です 日曜日から降り続いていた雨が今日になってようやくあがりました雨が降っている間中は気温が下がり肌寒く感じていました。おまけに部屋干ししている洗濯物が全然乾かなくて…昨日は洗濯物を乾かす目的で和室にだけ暖房を入れました。はぁ…寒くなるの ...

 『佐東さんの彼氏って九重なんですね』一橋さんの口から出た言葉に一瞬たじろいだ。(なんで知って…)「なんで知っているんだって顔をしていますね。やっぱりそうなんだ」「!」「すみません、カマをかけてみただけです。確信はありませんでした」「…」「ただ彼氏がいる ...

あの珍事から数日。相変わらずこそこそと噂話する人はいたけれど、大方の人は勤務時間内にくだらない話で盛り上がる程暇でも子どもでもなかった。(まぁこんなものよね)私なんかの話を面白がる人は大体限られている。其の少数の人が何と云おうと、思おうといちいち気にして ...

こんにちは、樹野です 昨日一日中降っていた雨が今日も引き続き降っています台風21号が発生して北上中との事。今降っているこの雨は遠回りにみて其の台風が影響しているのかなよく解りませんが兎に角、台風上陸して欲しくないです(;´Д`)しかしこの時期の雨は冷たいですね ...

「佐東さん、大丈夫ですか?」「!」 不意に隣から掛けられた声で我に返った。「あの…噂なんて気にしないでくださいね」「きょ…こ、九重くん」一瞬『恭輔!』と呼び、縋り付きたかった。(恭輔…どう思っているのかな)生憎今日の昼は同僚と外に食事に行っていた恭輔。あ ...

私の中では既にブラックリスト入りしていた一橋さんが声を掛けて来た。 (本当…懲りないというかめげないというか)汚く云えばしつこくてウザい!と思ってしまっている一橋さんに対して私には繕う笑顔もなかった。「何か御用でしょうか」「今晩お時間ありますか」「ないで ...

ピピッピピッピピッ「…ぅん」微かに聞こえて来た目覚ましのアラームに意識が徐々に浮上する。薄っすら瞼を開けると眩しい光が入り込んで来た。 (もう朝…かぁ)結婚式から二日後、今日から私も朔も通常の出勤モードだ。「朔…起きて」「…」「朔、朝」「……ん」隣で寝て ...

こんにちは、樹野です 今日は13日の金曜日。今年二回目の13日の金曜日です。まぁ、だからといって何?って感じなのですが今日の愛知はどんより曇っています今にも雨が降りそう。今日は外出する予定もないので天気を気にしなくてもいいです。明日は町内会の用事でちょろっと ...

「十六澤朔さん、あなたはこの女性を健康な時も病の時も富める時も貧しい時も良い時も悪い時も愛し合い敬い慰め助けて変わる事なく愛する事を誓いますか」「はい、誓います」「真柴紅実さん、あなたはこの男性を健康な時も病の時も富める時も貧しい時も良い時も悪い時も愛し ...

こんにちは、樹野です 今日からまたお弁当作りの朝がやって来ました。お弁当と朝食ふたつの準備はとても面倒くさいですがそんな朝ももうあと少し。もちっと我慢して頑張りたいと思います今日は午前中、夫と買い出しに行って来ます久し振りの外出なんですが、何を着て行けば ...

「なぁ、これって何処に置けばいい?」「あ、其れはね其処のサイドボードの上に…そう、其処」結婚式を明後日に控えた私と朔は、新居となる朔の思い出の家に少しずつ荷物を運び込んでいた。「本当この家綺麗ね。築20年以上経っているとは思えない」「母さんがすっごく綺麗に ...

こんにちは、樹野です 早いもので十月も中旬。この調子じゃあっという間に十月も終わりそうです暑い日が続いていますね少し前にもうエアコン使わなくても過ごせるわ~なんて、これから涼しくなる陽気に期待を込めていましたが、瞬く間に夏に戻った感じです寝る時もエアコン ...

何事もやる前からグチグチ悩むんじゃない──と朔は云ってくれた。大変な時こそ、口に出して云ってくれなきゃ解らない。本当の気持ちは声に出さないと察してやれないと。(本当…朔って昔から変わっていないね)其の口は嘘を云わない。付き合い始めてから朔の口から私を傷つ ...

こんにちは、樹野です 今日もよいお天気ですだがしかし暑いですねぇ…少し前まで涼しいという単語が出て来ていましたが、なんかまたエアコンのお世話にならなくてはいけない位の暑さで…気温差が激しいですよ、本当にもう(;´Д`)さて。今回の漫画語り作品は此方【契約花嫁 ...

「ひょっとして…何か悩んでいる?」「…え」少し俯き加減になっていた耳に入った声に顔を上げた。「結婚」「…」朔のお義母さんが優し気な眼差しで私の顔を覗き込んでいた。「なんだか最近、わたしが知っている笑顔の紅実ちゃんじゃないなぁって思っていたの」「…」「何か ...

【AriaLien】に来てくださる皆さん、いつもありがとうございます ものすっごく久しぶりのブログ語りです(笑)此処では主にブログにまつわる記事を書く場になっていますが…存外書く事がないんだなぁと──いや、あるにはあるんです実際記事を書いて予約投稿まで整えました ...

「ねぇねぇ くみちゃんとおにいちゃん、いつけっこんするのぉ?」「ぶっ」思わず口に含んでいた紅茶を噴き出してしまった。「あらまぁ、月子ったら何おませな事を云っているの?」「だってぇママ、つきこ、はやくくみちゃんのいもうとになりたいのぉ」「あぁ、そうね、其れ ...

こんにちは、樹野です 三連休の中日、如何お過ごしですか(・∀・)実は昨夜まで三連休だという事を知らずに、家族との会話で月曜日が休みなのだと知って驚いた私でありますなんか…引きこもり専業主婦ってそういうのに疎いのかも←いや、私だけか明日は体育の日の祝日なんで ...

私と朔の始まりは中3の時からだった。其れから私たちは同じ高校、大学に進学し、其々進む道を模索しながら切磋琢磨して来た。交際六年目を迎える頃にはお互い少しずつ結婚を意識するようになっていた。元々朔は自分自身の家族というコミュニティーに強い憧れを抱いていて、早 ...

このページのトップヘ