AriaLien

*HANAHA NOVEL&LIFE BLOG*

July 2017

こんにちは、樹野です 日常記事はお久し振りです。此処数日書き物を一切せず、一日の大半をゲームをプレイする事に費やしていました(笑)前回記事にしたゲームを皮切りに、またゲーム熱が蘇ってしまって其の反動で執筆が疎かになっていますふたつの事を同時に出来ない不器 ...

少し落ち着いた私は久遠寺さんに連れられリビングまで戻って来た。其処で久遠寺さんが淹れてくれた紅茶をひと口含んではぁと息を吐いた。「大丈夫?」「…はい、随分、落ち着きました」「そう…でも、よかった」「え」ソファの隣に座る久遠寺さんが少し表情を崩しながら続け ...

私の誕生日会は主役の私が子どもという事もあって夜の早い時間にはお開きになっていた。其のまま帰宅する人や来賓者たち同士が歓談をするために別の部屋に移動したりするのを見送って、私はようやく主催者としての任を解かれたのだった。少しだけ疲労感を覚えた体で部屋に向 ...

そして私の誕生日当日。其の日は朝から私の為に集まってくださった来賓者ひとりひとりに挨拶をして回っていた。「誕生日おめでとう、アメリア。しかしあんなにちいさかったお姫さんがもう11とは…歳を取ると月日が早く感じるよ」「ありがとうございます、叔父様。毎年遠いア ...

こんにちは、樹野です 此処数日、引きこもり生活が戻りつつある私です(笑)出ない時はとことん出ません。お天気も悪いし暑いですしね。冷房のお蔭で快適な温度になっている部屋からは出たくない私です( ̄д ̄)さて。数日前PCの調子が悪い──という記事を書いたのですが、 ...

誰もいない薄暗い公園の一角で盛大な告白大会が繰り広げられていた。「ほ…本当か?」「…」「おまえ…俺の事、を…」「……」「~~~な、なんだよ!」「っ?!」俯いていた顔ごと体をギュッと抱きしめられた。「お、お、おまえ…俺のもの」「!」「おまえの事、思いっきり ...

こんにちは、樹野です 昨日の夕方から土砂降りの雨が降って以来、今日も引き続きお天気が悪いです携帯に土砂災害の警報メールが来たのにはビックリしましたガラケーでも届くんですねぇ。あの独特の着信音…怖いです(((( ;゚д゚)))さて。本日の漫画語り作品は此方【王子が私を ...

中学生でファーストキスを済ませる子は割と沢山いた。周りの友だちの恋バナではそんな話をよく訊いていたし、もっと過激な体験を済ませた子もいた。だから私もいつかみんなと同じような事をする日が来るのだろうかと漠然と思っていたけれど、そういう事をしてもいいと思える ...

こんにちは、樹野です 今日も朝から蒸し暑いです。此処数日挨拶はこればかりですみません(;´Д`)早速ですが、昨日は土用の丑の日でしたね。昨日の記事でもチラッと書いたのですが、昨日は夫が休みだったので家族揃って鰻を食べに外食して来ました鰻を食べにお店に──とい ...

(な、なんで…なんで今、私…十六澤に抱かれているの?!)現状がよく解らなくて体が固まってしまっている。でも不思議と暴れて逃れようという気持ちにはならなかった。「おまえって…本当変な女」「…え」「最初っから…変な女だった」「…」(変な女って…絶対褒めていな ...

こんにちは、樹野です 今日も朝からお天気が悪く、雨が降ったり止んだり…蒸し暑い日を迎えています。今日は土用の丑の日ですね。皆さんうなぎ、食べますか今日と明日、夫が休みなので今日の夕ご飯はうなぎを食べに行く予定になっています…とはいえうなぎ屋さんでちゃんと ...

どうしても直接話したかった。だから思い切って直接十六澤の家までやって来た。『まぁ、朔くんの?』(え?朔…くん?お母さんじゃないの、かな)てっきり十六澤のお母さんが出たと思ったけれどちょっと変だなと思った。『ごめんなさい、朔くん、今公園に運動しに行っている ...

こんにちは、樹野です 少しお天気が悪い今日。どんより曇っていますが、日差しが無くても湿度の高いムシッとした暑さがあります今日は夜勤明けの夫に買物に連れてってもらって汗を垂れ流しました車移動なのに暑い…はぁ~本当、暑いの、嫌いですさて。本日の漫画語り作品は ...

『──其れは俺も同感』十六澤から発せられた其の言葉は『そうよ!私が十六澤に対してそんな気持ち…す、好き、だなんて…天変地異が起きたってならないんだからね!』という私の言葉を受けて出た言葉なのだろうと解った。「…おまえさぁ」「!」急に十六澤の視線が私に注が ...

こんにちは、樹野です 久し振りに日常記事、書いています。前の記事でPCの調子が悪い──と書きましたが、大分落ち着いて来た感があります。時々は「ん?」と思う処もありますが、私も慣れて来た感じで受け流す事が出来ています。やっぱり慣れ、なんだなぁと毎日暑い日が続 ...

毎年この時期になると城内が少しだけ騒がしくなる。「招待状の返信はこれで全てですか?」「料理の発注数は?これが最終確認ですよ」「貴賓室のシャンデリア、中央二段目の左から3番7番8番の蠟がなくなりかけています。直ぐに取り替えてください」「すみません、注文していた ...

初めての乗馬教室を終え、私は部屋に帰るために中庭を通っていた。隣には先刻まで触っていた馬について熱く語るフェルがいた。「馬の知能ってすっげぇ高いんだぜ?馬に慣れていない奴が乗るとからかって振り落とそうとしたりするんだって」「振り落とすって…からかいの内に ...

~~♪♪「ん?電話」 カジュアルなレストランでご飯を食べながら三人で他愛のない話をしている途中、涼花の電話が鳴った。「ちょっとごめんねぇ」「うん」鞄から取り出した携帯の画面を見て一瞬涼花が顔をしかめた。「…」鳴り続ける電話に中々出ようとしない涼花に私は「 ...

こんにちは、樹野です いやはや今日も暑いです雨が降る気配まるでナシ(;´Д`)息子の高校は明日から夏休みです。夏休み…早いですねしかも長い。でもお弁当を作らなくてもいいというのは嬉しいです。お昼ご飯は作らなきゃいけないのですが、休みの息子は朝昼兼用なので一回 ...

三杉さんとの食事の約束を忘れていた私は、なんとか龍にご飯の支度を変わってもらえた事にホッとしていた。(龍に悪い事しちゃったな…帰ったらもっとちゃんと謝ろう)龍が裕翔くんや浬くんたちとユニットデビューを目指していないと知ってから、私は無意識に家事に関する事 ...

↑このページのトップヘ