AriaLien

*HANAHA Novel & Life BLOG*

2017年04月

こんにちは、樹野です 早いもので4月も今日で終わり。早いなぁ~相変わらず(笑)すっかり暖かくなったなと思っていた処での此処数日の冷え込みは体に堪えます気温差は体にダメージ与えますよね。これを機に体調など崩されません様に…さて。今日の漫画語りの作品は此方【と ...

 『おーい、アーリァ!』「…?」勉強時間を終え、自室に向かうために歩いていた。ふと耳に届いた声に視線を向けると『こっちこっち!』「…」開け放たれた窓から外を覗くと、中庭の花壇の前にフェルがいた。『なぁ、こっち来てみ!いいもの見せてやるよー』「…」フェルこ ...

こんにちは、樹野です 今日は昭和の日で祝日ですね昭和の日と呼ばれる前はみどりの日だったという事を知っている人はどれくらいいるのでしょう。ちなみに17歳高3の息子は知りませんでした。2007年にみどりの日から昭和の日と改名されて、みどりの日は5月4日に移動しました。 ...

あの輝かしい日から時は瞬く間に過ぎ、父が想いの丈を込めて付けた【アメリア】という名に相応しくちいさな姫君は神に愛される様に健やかに成長して行った。「はい、姫様大変結構でございます」「…」「では本日のお勉強は此処までに致しましょう」「…先生、ありがとうござ ...

【AriaLien】に来てくださる皆さん、いつもありがとうございます【AriaLien】が始まってからもうあと数日で一ヶ月になります。まだ一ヶ月。もう一ヶ月。色んな想いがありますが、とりあえず今日まで順調に毎日更新が続けられて来ました。まだ以前の名前の時の様に沢山の方に ...

静かなキッチンに龍ノ介くんが拭いた食器が重ねられた時に出る金属音だけが響いた。 「あぁ、いいよ、私がやるから」「…別に、慣れているから」龍ノ介くんの『慣れているから』という言葉は、現在彼が携わっている仕事に裏付けられていた。彼は高校を卒業後、進学せずアイ ...

こんにちは、樹野です 最近、漫画が読めていません。いえ、決して忙しいとかそういう時間的な理由からではなく、読まなければいけない漫画はたんまりあるのにどうしてか其れ等には手が出ず、なんかこう…今読みたい漫画というのが家にないからかも知れません訳が解りません ...

いつも通りの賑やかな夕食を終え、私はキッチンで後片付けをしていた。 シンクで食器を洗っていると、テーブルに置いてあった携帯が鳴った。私は慌てて手を濯ぎ、携帯を手に取った。「もしもし」『歌也ぁ?わたし。今いい?』電話は涼花からだった。「いいよ、どうしたの」 ...

「裕翔、浬、雑誌取材のオファーが来たぞ」 「え、本当?!なんて雑誌?」「Ani-Love」「アニラヴ…訊いた事ないな」「浬知らないの?アニラヴ、有名なアニメ雑誌じゃん」「アニメ?…なんでそんな雑誌の取材が」「おまえらみたいなBL臭漂うアイドルは一部の属性に受けるか ...

こんにちは~一時期滅茶苦茶田舎暮らしに憧れた事のある樹野です 特に【となりのトトロ】と【おおかみこどもの雨と雪】を観ると其の傾向が強くなります(笑)でも実際は私に田舎暮らしは無理だなと思います。自然に囲まれて暮らしたい気持ちがある半面で田舎特有の不便さに ...

ユラユラと体が揺れている感覚がした。 『…や』(ん…)『…か…さん』(んん…)「歌也さん」「…!」耳元で聞こえた低い声に意識は急上昇した。ガバッと起き上がると其処には少し怪訝そうな顔をした龍ノ介くんがいた。「…ソファで寝ていると風邪、ひきますよ」「あ…」 ...

こんにちは、樹野です此処最近、すっかり暖かくなりましたね。昨日は暑いくらいでちょこっと動いただけで汗を流してしまいました今から暑いのは厭です。花粉症の季節も嫌いだけれど、暑い夏はもっと嫌いな私ですさて。昨日、ようやく初めて自転車に乗りました3月末に夫に買っ ...

少し前から気になっていたの。 高3になってから初めて同じクラスになって、ひと言ふた言話すようになって、彼の夢を知った時、私なんかでも何か役に立つ事があるかも知れないと、私の家庭環境を話すようになった。勿論父がお姫様願望のあるゲイだとかそういった深い部分は隠 ...

其の日は春の陽気が心地良い雲ひとつない晴天だった。既に産み月を迎えていた妃が朝方から産気づき、身を引き裂かれる様な痛みに耐えてから10時間ほどして──『ホギャァァ、ホギャァァ』まるで軽やかな鈴の音の如く響く泣き声が城中を包んだ。「産まれたのか!」バルダーニ ...

バルダーニが不思議な夢を見た夜から二ヶ月が経った頃、バルダーニは信じられない朗報を訊く事になる。「あなた、やっと…やっとあなたのお子を授かる事が出来ました!」「! まことかっ」喜ぶ妃につられ、バルダーニも全身で其の喜びを体現した。この吉報は王室内は勿論、 ...

「そういえばこの間、ゲス山見かけたよぉ」「え」急に涼花が話を変え、飛び出た名前にドキッとした。「参加したイベントでコスプレしていた」「…」「目が合った途端こっちに来そうだったから逃げたんだけどぉ」「…」「お~い、歌也ぁ」「……何」「なぁに、まーだ未練タラ ...

こんにちは、樹野です まだ花粉症の薬を飲まないと症状に苦しめられている私ですスギ花粉ってまだ続いていますかねもうヒノキになったかな私、ヒノキもアレルギー反応が出ますGWまでは駄目かなぁ~あぁ…鼻がムズムズ、くしゃみが…目がぁぁ~早く治まって欲しいですさて。 ...

講義終了を報せるチャイムを聴きながら私はホッと息を吐いた。 慌てて家を出て何とか講義開始時間に間に合う事が出来た。将来に関して特にやりたい仕事や夢などがなかった私は、少しだけ興味があった心理学を学ぼうと思い文化部心理・社会学科という処に籍を置いていた。社 ...

こんにちは、樹野です 昨日今日と暖かいというか暑く感じる陽気ですお隣のお寺の桜は月曜日の嵐の様な雨降りですっかり葉桜に。桜の季節は短いですねぇ…儚いというか。だからこそ毎年桜を愉しみにするんでしょうかね。(^ω^)さて。ちょっと期間が長く続いた出来事があっ ...

父と私、そしてアイドルユニットとしてデビューを目指す男子三人との共同生活が始まってから数日が経っていた。「じゃあ行って来ま~す」「行ってまいります」「はい、気を付けてね」高校生の裕翔くんと浬くんを玄関まで見送ってリビングに戻って来た。そしてソファに座って ...

このページのトップヘ