「ごめん、前言撤回!」
「──え」 

先刻まで握られていた掌がバッと放された。

「俺、年上ダメ」
「は?」

いきなり云われた言葉に一瞬頭が真っ白になった。

「俺、年下しか付き合えない」
「なんで」
「なんでも」
「…」

ボソッと呟いた彼の言葉がやけに心にズシッと重りを落とした。

「…兎に角、話は以上。君がお客様として店に来てくれる分には歓迎するから──」
「…ゃ」
「え」
「厭!」
「っ」

(厭に決まっている!)

「付き合ってくれるって云った!」
「だから…其れは」
「年下しか付き合えないだなんて…そんなの偏見!」
「…」
「そりゃ若い子の方が男はいいに決まっているとは思うけど…でもね、若い子だっていつまでも若いまんまじゃないんだから!」
「別に若い子がいいと云う訳では」
「あなたが40、50になった時、30女だってあなたにとっては年下の女の子になるでしょう?!」
「其れは…そうだね」
「だったら!年下じゃない、年上だからダメっていうのは通じない!」
「…」
「付き合えない理由にはならないんだから!」
「…」
「だから私と付き合いなさい!」
「……はい」
「厭だって云ったって私、諦め──── ……え」
「…」
「…今…はいって…」
「云ったよ」
「…いい、の?」
「よくはないけど」
「何、どっち」
「君、なんか年上らしくないね」
「!」
「云っている事、凄い幼稚で見た目と同じ中身っぽい」
「~~~其れって絶対誉めていないわよね」
「どうだろう」
「あのねぇ」
「好きにさせてみせてよ」
「え」
「其処まで云うならさ、君の事を好きにさせてみてよ」
「…」
「年上と付き合うの、いいじゃんって思えるようにしてみせてよ」
「…」

(其れってなんだか…宣戦布告、みたいな?)

中身はどうあれ、これは一応お付き合いする事決定──と解釈していいの…かな?

(いいんだよ、ね。うん、いいんだ)


受け身でしか恋愛した事のない私。

今、あなたに出会って知った感情がいっぱいある。

其れをあなたにも知ってもらいたい。

きっと私とあなたは同じだから。

(人を好きになるのって…凄く気持ちがいい事だって)

知ってもらいたいから──


こうして私、森井 美兎(モリイ ミト)29歳は、初めて入ったカフェで運命を感じた店長こと泉澤 悠真(イズミサワ ユウマ)24歳とお付き合いする事になったのだった。

SOULAGER
★ランキングサイトに参加しています。
其々1ポチずついただけると執筆の糧になります。

恋愛ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村