「おーい龍、今日午前中いっぱい店の方頼むよ」
「…ん」
「営業先の都合でもしかしたら午後もズレ込むかも知れないけど」
「…大丈夫」
「そっか、任せた」

「…」

「あぁー浬の方の目玉焼きの目玉、僕のよりおっきい!」
「はぁ?何処からどう見ても同じ…とは云い難いけれど…ほぼほぼ一緒だ」
「いいや、浬の方がほーんのちょっと大きい」
「目の錯覚」

「…」

いつもと変わり映えのない我が家の朝の風景。

みんな仲良く朝と夜のご飯は余程の予定がない限り一緒に食べる──これが我が家に唯一存在するルール。

そう、いつもと変わらない───

(って、私だけが変わっているっ!)


昨夜あった出来事が未だに頭から離れない。

其の原因を作った人をジッと見つめるけれど、相変わらず視線が噛み合わない。

(何よ…なんだっていうのよ)

昨日まで感じなかった変な感情が湧いて出てしまって何故か今までの様に振る舞えていなかった。


『云いたい事を云えと云った』

『今、この口で』

『…ねぇ、答えて』

『約束…』

『守ってもらうから』


(まさかあんな事を云う子だったなんて)

未だに私の唇にはあの時触れられた彼の指の感触が残っていた。

「──や?」

「…」

「おい、歌也、訊いているのか?」
「!」

物思いに耽っていた耳に父の声が届いて一瞬ビクッとしてしまった。

「おい、どうした。なんだか今日は変だぞ」
「あっ…え?へ、変なんかじゃ…」

其の時目の端に強い視線を感じた。

(っ!)

視線の主は龍ノ介くんだった。

其の瞬間、カァッと体中が熱を帯びどうしようにもなくなってしまった。

(落ち着け、落ち着け、私!)

「だから、今日の夜は晩飯要らないからな」
「え?なんで」
「やっぱり話、訊いていなかったな。だから今日はオレの知り合いのプロデューサーと会食するから。こいつら連れて行くから晩飯要らないって云ってんだけど」
「…あ、そうなんだ。了解」

父の言葉に少しホッとした。

(よかった、少しは気持ちを落ち着かせられるかも)

久しぶりに経験した心のざわつきを抑えるには時間が必要だと思った。

お蔭様で昨夜の出来事で貴志山くんの事で落ち込んでいた気持ちはいくらか分散していた。

そして合コンという名の変な集まりに行かなくてはいけないという憂鬱さも半減していた。

そう、悪い事ばかりではなかったのだけれど──


「…はい」
「!」

いきなり耳元に届いた声に反射的に身構える。

朝食の後片づけをするためにキッチンに立っていた私の元に、食べ終わった食器をシンクまで持って来た龍ノ介くんが無表情で立っていた。

「あ…ありがとう」
「…」

何を考えているか解らない表情は相変わらずだったけれど、其のくすんだ青い瞳だけは私に何か云いたげに強く光っていた。

だけど私に食器を手渡すと何も云わずにそそくさとキッチンを出て行ってしまった。

(くぅぅぅ~何よ…云いたい事があるならハッキリ云いなさいよね!)

昨夜の事に関して私には訳の解らない事ばかりの出来事で、今、私がいつもとは違う状況に置かれているのは彼のせいじゃないかと思ったら、いちいちドキドキオドオドしているのは理不尽だと思ったのだった。

王子様の作り方
★ランキングサイトに参加しています。
其々1ポチずついただけると執筆の糧になります。

恋愛ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村