いっちゃんから訊いた話はこうだった。


五年前、映画の新人俳優発掘オーディションの最終選考に落ちたいっちゃんは、其処でスカウトされたある芸能事務所に所属する事になった。

雑務をこなしながらいくつかのオーディションを受けたけれどどれもダメで、結局一年程で其の事務所を辞めたそうだ。

其の後色んな職業に就いてお金を貯めて、やっと自分のやりたい事を実現させるための小さな会社を立ち上げた。

其の会社に就職しないかという流れだった。


「会社作っちゃうなんて凄いね、いっちゃん!」

『いや、会社といっても本当小さなもので…だから人手は足りないんだけどちゃんとした求人をしてもまともな給料が払えないっていうかさ…ちょっと色々弊害があって』

(? いっちゃん、急に歯切れが悪くなった)

『其れで涙花の事思い出して。涙花なら気心知れているし、多少の雇用条件の悪さも寛容してくれるんじゃないかなと思って』

「…いっちゃん」

『アルバイト程度の給料しか出せないんだけど、どうしても俺の仕事、涙花に手伝って欲しくて。あ、住む処とかっていうのはちゃんと用意するよ、もう着の身着のままで来ても大丈夫な様にするから』

「行く!」

『えっ』

「私、いっちゃんの会社に就職するよ!」

私はなんの迷いもなくそう答えていた。

(だって迷う事なんて何もないでしょう?!)

大好きないっちゃんから『涙花に手伝って欲しくて』って求められているんだよ?!

なんの夢もアテもない私が必要とされている人の元に行く事が出来るのなら──


『涙花、いいのか?じっくり考えていいんだぞ』

「ううん、私、いっちゃんの役に立ちたい。いっちゃんのために働きたいよ」

『…涙花』


(はぁぁぁ~まさかこんな夢の様な展開が待っているだなんて!)

私は思いっきり浮かれていた。

諦めていた恋心がこの事により再びムクムクと大きく膨れ上がり、いっちゃんに恋している自分を再度自覚してしまった。

(これからいっちゃんの元で働ける!──其れにもしかしたら…)

甘い未来を夢見た。

いっちゃんが私を頼ってくれたという事だけで私は思いっきりポジティブな思考に捕らわれてしまっていたのだ。


──そう、この先に待っている、決して甘くない現実を知るのはまだまだ先の事だった








そして瞬く間に時は過ぎ、私は無事高校を卒業した。

いっちゃんの待つ街へ上京する日、私は両親といっちゃんのお母さん、幹くんに見送られた。

「まぁ、樹くんの会社という事だから心配はしていないけどね、体には気をつけなさいよ」
「うん、ありがとうお母さん」

「涙花ちゃん、樹の事、よろしくね」
「うん、おばさんも体気をつけてね」

「るいちゃん、たまには兄ちゃんと一緒に帰って来てね」
「うん、幹くんも勉強頑張ってね」

「樹くんの会社っていうのは確か派遣会社だったか?色々難しい事もあると思うけど何かあったらすぐに相談するんだぞ」
「解ってる、ありがとうお父さん」

みんながみんな、私の門出を祝福しつつも不安そうな気持ちも伝わって来た。

だけど私は故郷を離れる寂しさはあったけれど、これからの未来に不安な気持ちは全くなかった。

(だって私を待っているのはいっちゃんなんだから)

「私、頑張るから!心配しないで!」

乗り込んだバスの窓から遠ざかるみんなの姿が見えなくなるまで手を振った。


──こうして私は18年間住み慣れた町を後にしたのだった


蒼い樹が薫る
★ランキングサイトに参加しています。
其々1ポチずついただけると執筆の糧になります。

恋愛ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村