AriaLien

*HANAHA Novel & Life BLOG*

◆AriaLien(アリアリアン)は樹野花葉(キノハナハ)が趣味で綴っている恋愛小説の更新をメインに、時々日常生活や趣味の記事などを載せたりするよろずブログです。
◆ブログ内の記事・作品の無断転載・コピーを禁じています。

こんにちは、樹野です 今日も朝から滅茶苦茶寒いです寒さの質がもう雪が降ってもおかしくないレベルです私の住む処はまだ雪は降っていませんが、皆さんのお住いの地域は如何でしょうプレイしているゲームの交流欄で『積雪しています』なんてコメントを見かけると「やっぱり ...

急遽買い物に行くのを中止して、一度出た家の中に入り龍の部屋に通された。 (此処が龍の部屋)物が少ない簡素な内装だった。ベッドと勉強机、そして本棚とクローゼットとカラーボックスがふたつあるだけ。其の少し寒々とした印象を受けた部屋に置かれているベッドに隣り合 ...

こんにちは、樹野です 此処数日、本当に冬らしい寒さになりましたね。とうとう私、長袖のルームウェアを着てしまいましたエアコンが付いている部屋でも少し温度を下げて、長袖でちょこまか動いても暑くない仕様にして長袖にチェンジしました。今冬は寒くなるそうですね。ま ...

こんにちは、樹野です 12月も気が付けば10日も過ぎていました。あっという間です…こんなんじゃあっという間にクリスマスになっちゃいそうですねそしてクリスマスが終わればすぐに大晦日お正月モードにまさに師走──です(笑)さて。本日の漫画語りご紹介作品は此方【どう ...

私が記憶の一部を忘れてしまってから三日が過ぎた。「すみません…中々熱が下がらなくて…」『そうか…まぁ、結婚式とかで色々大変だったから其の疲れから来ているのかも知れないな』「そう…かも知れませんね」『もしかしてもうおめでたじゃないかって噂になってるけど』「 ...

こんにちは、樹野です 今日は朝からお天気が悪く、雨が降ったり止んだりしていますずっと天気が良かったのによりにもよって今日…お天気が悪いとは…これも私の雨女パワーのせいなのでしょうか(笑)というのも、今日、12月8日は19回目の結婚式記念日なのです.。゚+.(・∀・)゚+. ...

私なのに私じゃない感じがする── 「紅実、お風呂入って」「あ…うん」「紅実の好きなバスソルト入れたから。ゆっくり浸かっておいで」「…」そう云われて入ったお風呂には、別に私の好きな入浴剤じゃなかった。(大人の私はこういう匂いが好きだったのかな)ポチャンと揺 ...

「ただいま」「!」 陽が暮れた頃、玄関から聞こえた声にドキッとした。(よ…よしっ!)私は少しだけ早足で玄関に向かった。「あ、紅実、ただいま」私の姿を見た彼はにっこりと笑いかけた。(くっ…!)其の邪気のない笑顔に何ともいえない気持ちになったけれど、押し寄せ ...

こんにちは、樹野です 12月になってから毎日が寒いですね毎年これくらい寒くなるとストーブを出す我が家ですが、今年は新しく買ったエアコンのお蔭でストーブ要らずになっています(今の処)でも私、意外とストーブが好き灯油臭いのは少し苦手ですが、なんとなく燃える温も ...

ピンポーン ♪「!」いきなり鳴ったインターホンにドキッとした。(だ、誰?!)私は恐る恐る備え付けのインターホンの画面を見る。すると其処にはつい先刻まで見ていたアルバムにあった女の人が映ってた。(この人…もしかして)私は少し躊躇いながらもインターホンで対応す ...

私の彼氏がモテるなんて事は重々承知している。ただ黙って立っているだけで何処からともなく彼に吸い寄せられる様に女の子が群がって来る。だけどそんな軟派な見かけの彼は私一筋の硬派な堅物だった。私には其の彼の性格が好ましくて顔だけじゃない全てが愛おしいものだった ...

こんにちは、樹野です 久し振りの漫画語りです。なんだかね…この数週間で漫画をドカ買いしました(笑)でも買うだけ買って、全然読めていないのです~~基本、読む時間がないという理由が一番ですが、もうひとつ、目が悪くて読めないという理由もあります目は元々悪いんで ...

「きゃぁぁぁーこれ!ずっと欲しかったやつぅ~~」「?!」 客間に荷物を置いてリビングに戻ってくると、華子さんが私が渡した封筒の中身を晒して歓喜の声を上げていた。其の中身が目に入りギョッとした。(やっぱり…!)想像していた中身通りの結果に少しゲンナリした。 ...

龍のお母さんが空港に迎えに来てくれるという話は訊いていた。だからある程度の心構えは出来ているはずだった。──なのに「あ、あの、私…龍…違っ、龍ノ介さんとお、お、お付き…合いしている高科歌也ですっ」いざ龍のお母さんを目の前にすると頭が真っ白になり何を云って ...

「えっ!そ、其れ、本当?!」「うん、お父さんに相談したら是非行って来いって」「か…か、歌也…ちゃん…」「もう、大袈裟」「だって、まさか一緒に北海道に行ってくれるなんて」「うん…北海道、一度は行ってみたかったし、其れに…龍のご両親にもちゃんと挨拶しておきた ...

↑このページのトップヘ