AriaLien

*HANAHA Novel & Life BLOG*

◆AriaLien(アリアリアン)は樹野花葉(キノハナハ)が趣味で綴っている恋愛小説の更新をメインに、時々日常生活や趣味の記事などを載せたりするよろずブログです。
◆ブログ内の記事・作品の無断転載・コピーを禁じています。

あの騒動から数週間。表面上は何もないような平穏な日々が過ぎていた。いっちゃんはマナさんとの事を詳しくは教えてくれなかったけれど「時間が解決する状況だと思う」と心なしか晴れやかな感じでありながら、これまでと何ら変わりない日々を過ごしていた。そして蒼さんは相 ...

こんにちは、樹野です今週に入ってから雨の日が続くようになりましたね 今日も三河は大雨です。台風7号はもう低気圧になって北海道の方に行っているんですよね。全国的に梅雨の様な大雨。梅雨明け宣言をした処もありますが、明けてからの方が梅雨っぽいお天気ですね。( ̄д ...

今日という一日で色んな事が動いた。薫さんからされた初めてのキスから始まった騒動。まさかと思った蒼さんからのキスと告白。そして私が知らなかったいっちゃんの五年間と恋愛事情。其処から私の初恋は綺麗さっぱり昇華して、そして新たに現れたふたつの恋に戸惑う事になっ ...

「いい加減に離れろ!」「!」いきなり私を包み込んでいた温もりがなくなった。あっ、と気が付いた時にはいっちゃんは私の体から引きはがされていた。「樹、てめぇ調子こくんじゃねぇぞ!」「急になんですか、蒼さん!ビックリするじゃないですかっ」「…マナとの事、スッキ ...

とつぜん言守さんに抱きしめられて何事かと体を強張らせた。「ちょ…っ」「静かに──」「!」耳元に言守さんの穏やかな声が注ぎ込まれ一瞬にして身動きも反論の言葉も紡ぎだせなくなった。そんな私の額に言守さんは自分の額をくっつけた。(えっ…何)しばらくすると頭の中 ...

【AriaLien】に来てくださる皆さん、いつもありがとうございます本日のブログ語り記事はお報せです。お報せ──といってもどれも【AriaLien】には関係のないもので、わざわざ此処で書く事ではないと思うのですが、此処以外書く処が無いのでどうかお赦しください。よろずブロ ...

突然の展開に現在テンパり中の私。 (来るって…此処に来るって何よぉぉぉー!!)よく考えてみてもこれはおかしい展開でしょう?昨日出逢ったばかりの男性の両親が家に来るなんて展開!(おかしい…おかしい…おかしい……けど)確かにおかしい展開ではあるけれど、落ち着 ...

こんにちは、樹野です今日から七月、文月ですね。いよいよ一年の後半開始です。なんだか思い返せば前半もあっという間だったなぁ。息子の高校卒業、専門学校進学と結構節目となった年であったと思うのですが、もはやあっという間に過ぎ去った出来事として懐かしくさえ思いま ...

(なんか…ドッと疲れた…) ドキドキハラハラな朝食を終え、私はすっかり疲れ切ってしまった。たかが食事を摂らせるだけでこんなに気を使う事になるとは思わず、私は改めて言守さんという人となりを知る必要があると思った。「大丈夫ですか?古世美さん」「は…?あ、はい ...

こんにちは、樹野です六月最後の日、週末ですね。明日から七月ですよ。もう一年の半分が過ぎただなんてちょっとした驚きです。Σ(・ω・ノ)ノ既に梅雨明け宣言をした地域もあるそうですね。東海地方はどうなんだろう。まだかな?──というか六月で梅雨明けって早いですね 台風 ...

突然の告白にどうしたものかと困惑する私。なまじ関わりが深いだろう相手からの告白だったので尚更困ってしまう。「──と、ちょっと焦り過ぎだな、俺」「え」重苦しい空気を破るかのように幸一郎さんは少しおどけた云い方をした。「家に帰ってから憲がさ、やたら俺の事牽制 ...

こんにちは、樹野です蒸し暑い日が続いています湿度が高くてただでさえ少ない体力がムシムシとした暑さに奪われまくっています今日は風が強くて、晴れたりどんよりしたり移り変わりの激しいお天気になっています。雨が降りそうで降らない。場所によっては大雨警報が出ている ...

いつも通り朝の二時間が過ぎ去り、賑やかだった店内は静かになっていた。(いつもなら来ている時間、なんだけど)壁に掛かっている時計をチラッと見て、そして窓越しの外の風景を見る。開店から二時間ほどはいつもの常連のお婆さんたちが井戸端会議をしている。お婆さんたち ...

こんにちは、樹野です今日は朝から蒸し暑いですね如何にも湿度の高い粘着質なむぅっとした暑さが中々体に堪えます。(;´Д`)月のモノでの体調は随分よくなり、薬が無くても過ごせるようになりましたが、代わりに今朝は起きた時から後頭部(首の付け根付近)がズキズキと鈍痛 ...

『こうちゃん、みのりをおよめさんにして!』 『どうしたの、突然』『みのり、おばあちゃんがだいすき。このまちがだいすきなの。だからね、こうちゃんとけっこんしたらここにすめるでしょう?』『あぁ…そういう意味でお嫁になりたいって云ったの』『でもね、みのり、こう ...

こんにちは、樹野です昨日よりは少しだけ体調の良くなった私です。(^ω^)今朝はお弁当、作れた しかし相変わらず鎮痛剤は手放せません。薬が効くまではソファでゴロゴロ…其の間PCは触れないので、録り溜めていた番組を観たり漫画を読んだりしています。そんな訳で今日も ...

人間という生き物は、どんなに忘れたくないと、忘れないと思った尊い記憶も、雑多な記憶の積み重ねで簡単に上書きされてしまうものなのかも知れない。 「君…みのりちゃん…?本当に?!」そう云って私の腕を取った其の人に私は覚えがない。でも彼は信じられないといったよ ...

このページのトップヘ